赤ちゃんのお布団


本多快眠堂、毎年たくさんの“赤ちゃんのお布団”の注文をいただきます。
でも、赤ちゃんのお布団の宣伝をしたことが無い。
宣伝どころか店頭に赤ちゃんの布団すら展示していない。

店に来ても“赤ちゃんの布団”の気配すらない。でも、なぜか毎年たくさんの注文をいただく。

不思議なのでお客様に聞いてみたことがあるの。
帰ってきた答えは、
「友達が以前ここで赤ちゃんの布団を作ってもらって、とっても良かったと言ってたから」
なんだって。

要は注文の多くは“紹介”なの。「紹介が続いてる」って感じ。

やっぱり新米ママは経験ママの意見を聞くんだね。
本当にありがたいです。

赤ちゃんは寝るのが仕事だから布団はとっても大事。

木綿ふとんの赤ちゃんのお布団はとってもよく寝るという方が多いです。
でも、木綿ふとんの赤ちゃんのお布団って、作るの難しいの。

大人のチョット薄い敷き布団で木綿わたの量が4キロほど入れます。
赤ちゃんの敷き布団、サイズがとっても小さくなるんだけど、約3・5キロほど綿が入ります。

小さいお布団の中にたくさんの綿をキレイに入れるのって、すごく技術がいるの。
世の中には機械で綿を入れたものや「なんだこの布団は!」と思わず言ってしまうものもあります。

本多快眠堂は、大切な赤ちゃんの布団だからこそ、いつも以上に丁寧に仕立てております。
ですから、少々時間をいただくことがあるかもしれませんが、皆さんの大切な赤ちゃんのお布団、本多快眠堂にお任せください。